本文へスキップ


ヴォイストレーナー・バリトン歌手
姜東秀(カン トンス)



大阪音楽大学卒業。同大学音楽専攻科修了。
香川周子、小玉晃の各氏に師事。

専攻科修了後、渡欧。
発声を宮廷歌手ミルカーナ・ニコロヴァ、マリア・ロイドルの各氏に学び、曲解釈をワルター・モーア、マティアス・ラインターラー、森尚子の各氏に学ぶ。
マーティン・ベック氏によるワークショップに参加し、歌手の為の身体の使い方を学ぶ。

在欧中にムジークフェラインス・プレスバウムオーケストラと共演、ソリストを務める。
ヴィーン市内の教会ミサにおいてもソリストを担当。

2011
年度エルバーザールクリスマスコンサートの出演者として抜擢される。
2012
年にはヴィーン楽友協会設立200周年記念コンサートに楽友協会合唱団の客演として演奏依頼を受け、出演。
その他、作曲家エドワード・ランプラー氏の新曲披露演奏会で演奏を担当する等様々な演奏会に多数出演。
帰朝後に京都青山音楽記念館バロックザールにてソロリサイタルを開催する。


これまでにシューマンの歌曲集『詩人の恋』全曲をコンサートで演奏する等、主にドイツ歌曲の分野で活躍。
ソリストとしてもベートーベン『第九』をはじめ、徐々に活躍の場を広げる。

指導者としては、これまでに京響市民合唱団
(現京響コーラス)、やわた市民音楽祭『レクイエム』合唱団のヴォイストレーナー助手を担当し、研鑽を積む。
特に発声指導に関してきめ細かでわかりやすいと定評があり、コーラス指導や公開レッスン、ワークショップ等幅広い指導活動を展開している。


頌栄短期大学声楽講師。アンネの音楽教室声楽講師。
こばと保育園合唱指導者。
Chormarkt(コールマルクト)合唱団ヴォイストレーナー。